« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

ノラや

一部の猫好きの方達からは「バイブル」とまで言われている内田うちだ百閒ひゃっけん著の随筆集です。
猫の話ばかりが22編載っています。
P2260026
以前に何時読んだかは、定かではありません。元は旧仮名遣いだったと思いますが、この文庫本は現代仮名遣いになっています。

昨日、書店で見かけ、即購入してしまいました。
しかし、文庫本は1000円の時代なのですね。諸物価の中で本の値段ばかりが高騰すると嘆くのは私だけなのでしょうか?

猫好きを自認されている方で、もしこの本を読まれていないのでしたら、書店で「立ち読み」でも良いですから目を通してもらいたいです。

HAPPY ENDでは無いですが、百閒先生の猫に対する愛情がひしひしと伝わってくるのがわかると思います。

追記

手っ取り早く内容を知るには「セブンアンドワイ ノラや」で検索してみてください。
レビューがいっぱい載っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春蘭開花です

一花の「文團素」が開花しました。P2260030

と、言われてもわからない方に、以下蛇足的説明です。

これは蘭科の植物です。生まれは中国大陸華南と伺っております。
「一花」とは「一茎一花」とも言い、花径に一輪咲くのを標準とする仲間の称です。なお、「一花」に対し「九花」という種類もあり、これはシンビジウムのような咲き方をする種類です。

この二つを含め「中国春蘭」とも言われています。
さらなる分け方では「洋蘭」に対し「東洋蘭」の仲間に入ります。

「花径に一輪」の仲間には「日本春蘭」もあります。これは日本の山野に自生するものや、それを改良したものです。何れも良く似ていますが、違いは「香り」にあると思います。

日本春蘭は一般的には無香ですが、中国春蘭には「良い香りがあります。
花も日本春蘭は赤、朱、黄など、「色物」が尊ばれていますが、中国春蘭は原則として色は「緑」です。
銘品といわれるものの多くは「翡翠」のような透明感溢れる緑に特徴があります。

名前に「素」とあるものは素心花をあらわし、緑と白以外の色を含まない花の咲く種類を表します。この配色を「清楚」とし、殊更尊んだとの事です。

バブル全盛の頃にはこの仲間も例外ではなく、トテツもない値で売られていました。この「文團素」も一芽10000円ほどしていたと記憶しています。今ではその数分の一程度ではないですか?

その当時、とても手が出せませんでした。これを手に入れたのはバブルが終焉してからです。
春蘭を趣味としている人々には罵倒されるかもしれませんが、私は中国春蘭は山野草の仲間として栽培しています。


私の場合、「春蘭」と「サボテン」の栽培には、ある共通点があります。
   お解りになるでしょうか?

| | トラックバック (0)

お知らせ

確定申告の季節がやってまいりました。
何かと慌しくて、数日の間ブログの更新が滞る所存です。

ご迷惑をおかけします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サボテン-想定外の植え替え

エキノケレウス属の『太陽』です。
P2200009

置き場で鉢をいろいろと動かしている時に誤って倒してしまいました!
土もこぼしてしまったので、ちょっと時期が早いようにも思えますが、ほうっておくわけにも行かず、急遽植え替える事としました。

ついでに身体測定です。径は10cm強で、もう何年も変わりません。
身長は少し高くなったようですが、去年の測定結果が見当たりません ^^;

根元が曲がっているので胴切りして丈を低くしようと思ったこともありますが、せっかくだから伸びるだけ伸ばしてみようと思い、あえて手は加えません。

『太陽』も最近は色々な変種が見られますが、これは昔からの種類です。

エキノケレウス属の中でも『太陽』は成長が鈍く花付きがあまりよくありませんので、
サボテンを手っ取り早く『集める』のが趣味の人にはお勧めできません。
でも、サボテンを『育てる』のが好きな人にはお勧めですね。

超豪華の花が咲きます。花を見る目的だけでも作る価値があると思います。
小苗からだと5~6年かかることを覚悟した方が良いかも。

花は以前にUPしましたがまた載せてみます。

サボテンの大きさから、花の大きさがわかりますよね?051111A03


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Q-高い所が好き

Qに限らず、にゃんこは高い所が好きですね。
上から見下ろせるので安心できるからなのでしょうか。
PC110098 PC110096

我が家の場合、室内で一番高い所は冷蔵庫の上です。
段ボールに入った荷物が載せてあるので、あまり綺麗とはいえないのですが、
Qは、この場所がお気に入りみたいです。時々上って見下ろしています。

シンクの上から冷蔵庫上面までは1mほどですがヒラリと乗ります。
おデブなのに意外とジャンプ力があります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サボテン-ツボミを確認できました

サボテンのノトカクタス属の「スミレ丸」です。

P2170006

ここ何日か暖かな日が続いたので芽が動き始めました。
小さなツボミも確認できます。この「スミレ丸」は名前の通りすみれ色の花を咲かせます。
サボテン仲間の中でも特徴のある色です。
花の直径は5cm程だったと思います。

週末は、また寒くなってきました。
今のような気温の変化があるとツボミの成長が止ってしまいます
咲くのは月末あたりでしょうかね?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Q-一芸

Qの「やらせ」第二弾!

このところ動画主体の手抜きブログになりつつあるので気を引き締めていこうと思います。

我が家にビデオカメラがあるのを、すっかり忘れていました!
ブログ-写真-デジカメの図式が頭にあったので、失念していました!
あぁ、我ながら情けない・・・

(今まで、デジカメの付属機能で撮影していました)

さっそく使ってみました。ズームが使えるし録画時間も心配する必要がありません。

Qがどのような理由で前脚を使い水を飲む事を覚えたのかは良くわかりません。

思うに、ノラ時代に前脚を使わなければ水が飲めないような状況があったのかも・・・

きょうはコップに多めに水を入れたので、最後は横着をして顔を突っ込んでしまいました・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Q-膝の上

Qは小顔なので身体は「かわいい大きさ」と思われているかもしれませんが、
体重が4kg以上あるので、それなりの大きさです。

以前は私の膝にしか乗らなかったのですが、ここ1か月ほどで家族の膝にも乗るようになりました。
乗ると当然みんなから「Qちゃん、可愛いね~♪」などといわれて撫でられ、いい気分みたいです。
可愛がられるのをようやく学習したみたいです。

これは娘(成人です)の膝に乗っているところを撮りました。
Qの大きさがわかると思います。

力を抜いてゴロゴロと、ご機嫌ですが、乗られたら身動きできません。
重いです。膝が温かいのですが、だんだん「暑く」なります ^^;
このまま30分程うたた寝する事もありますが、
皆降ろそうとせずQが自分で降りるまで膝に乗せています。

次第にQのペースで事が運ばれているのでは・・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Q-食事を撮ろうとしたのですが

いつもQはキッチンの隅で食べています。
明るい所で撮影しようとして机の上に食事一式を運んできてみたのですが、
いつもと様子が違うみたいで、なかなか食べてくれませんねえ。

「やらせ」は猫も好まないようでした。
元の場所に戻したら、いっぱい食べてくれました。
ゴメンよ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今時のコノフィツム

メセン中、P2120015 リトープスは、そろそろ脱皮の季節到来みたいですね。
我が家のコノフィツムは、脱皮こそ始まりませんが、色が緑から黄色かかって来ました。

この3種は開花時、花数が少なく写真にUPしませんでしたが、今、こうして見るとだいぶ咲いたあとがあります。五月雨的咲き方だったので花数が少なく感じたのかもしれませんね。

写真の左が「蜀紅殿」、右が「秋雛」、中央上が「紅衣」です。

P2120016 蜀紅殿は、かなりの肥満体形で実も生っていましたので拡大して載せてみました。

いずれも、まだ寒い間は今の状態に変化はないと思います。
シワシワになるのは我が家では3月以降でしょうね。

種も少し採れるかもしれませんが、自家受粉なのか雑交なのか定かでありません。
実生は、どうしようかと思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画のテスト

動画のテストです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

アレサ・フランクリン

P2070113 アレサ・フランクリンのCDは、これ一枚しか持っていません。

この方、日本に来てくれませんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サボテン-エスコバリア属について

P2020095 そろそろサボテンのネタも底を突こうとしております。

そんな中、エスコバリア属のオルクッティ(orcuttii )の開花です。
エスコバリア属はコリファンタの仲間との事ですが、一般的なコリファンタ、例えば象牙丸などとは、およそ似ていないと思います。
何となくマミラリアっぽい姿をしている物が多いみたいです。
花も小輪ですね。見栄えはイマイチでしょうか。

エスコバリア属内は、種類はそれほど多くないみたいなのですが、姿は似たような物が多く、区別が付かないようなものもあります。
このオルクッティも変種が色々あるようで、業者間でかなり混乱しているようです。
この仲間はホームセンターなどでは見かけることは稀かもしれません。
群生する以外に、あまり特徴がないと思われているのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Q-尾が立ちません

P2020091 Qの尾の長さは、30cmほどと思っていましたが、今、寝ているスキに正確に測りました。
ちょっと短く、28cmほどでした

家の中を歩く時には上に持ち上げているのですが、ピンと立たずに先が「?」マークの様に垂れています。

Qちゃん、重いのでしょうか?

この形で、ゆらゆらさせながら歩きます。
お○りなどが丸見えで、あまり品の良い歩き方ではありません^^;
見るなョ!!と、Qに怒られそうですが・・・)
P2020092
走る時もこのスタイルが多いですね。
ウサギが跳ねているようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Q-椅子で昼寝

ここ何日かはQは「テント」で寝てくれません。
夜は、また私の掛け布団の上で寝る様になりました。昼間は私の仕事用の椅子でうたた寝をします。

P2030101P2030102 きょうは私は家での仕事があるのですが、いつもの椅子が使えないので予備椅子を持って来ました。

Qは我関せずと、マイペースで毛繕いなどをしています。
顔を洗うのに寝そべったままするとは、ちょっと横着ではないかい。。。

P2030106 暫くすると寝入ってしまいました。

私が家で仕事をしている時には、いつも目の届く範囲、手を伸ばせば触れる所で寝ています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

煙が目に沁みる

P1300075もう何年も禁煙一筋ですが、昔は吸っていました。

なぜか、当時の名残のピース缶があります。だいぶ年代物となりました。

日本製はもとより、外国製も手に入る物は殆んど吸ってみて、一番煙草らしいのが、この両切りのピースでしたね。
愛煙家」と自称している方々には、お勧めですね~。
香り抜群、風味絶佳、おまけにチョー強い!三拍子揃った優秀な煙草です。
これを吸わなくて、煙草が好きだなんてナマ言わないで下さい。
頑張って吸えば、HEAVEN IS AT HAND! 未来はバラ色です・・・

     
なんちゃって・・・・・

煙草を止めたいなら、止めた方が良いですよ。
「ストレス解消」といいますが、他にもストレスを解消する方法は、ありますよ。

「猫」とか、「サボテン」とか、究極は「ブログ」とか・・・
何れも中毒になる物ばかりですが、健康被害は少ないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »