« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

サボテン-兜の開花が始まりました

アストロフィツム属の「兜(かぶと)」です、と、言わなくてもサボテンに興味のある方なら御存知と思います。
超人気品種とのことです。それ故「変種」も多く、「交配種」も色々と作り出されており、兜しか蒐集せず、「兜ワールド」を楽しんでおられる方いらっしゃるようですね。
Img_0256

我が家の兜は在り来たりのもので、直径14cmほどあります。兜としては大きい方だと思います。成長は鈍いですが、僅かづつ毎年大きくなっています。
花は今の時期から夏の終りまで咲きますが、連続して咲くのではなく、ぽつり、ぽつりと単発で咲きます。
一日花で、それも午後に満開になるので写真に収めるのは意外と苦労します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

金柑の収穫です

金柑の収穫はもっと早くするべきだったのですが、
何かと忙しく、先の日曜日にようやく出来ました。
IMG_0248
と、言っても収量は2kgほどです。写真手前ほどの量です。
剪定や摘果を怠っているので「小粒」です。収量も以前ほどはありません。
そんなわけで今回は強剪定も兼ねて収穫しました。

写真の奥に写っているのはブロッコリーの脇芽を収穫したものです。
一日おきぐらいに、この程度採れたのですが、そろそろ終りです。

Qは、目新しいものは大好きです。すぐ寄ってきます。

***************************

我が家の金柑は味がイマイチで生食には向きません。
Qを助手にして、金柑1kgをシロップ煮にしました。
IMG_0249
下拵えとして、包丁で実に切り込みを数箇所入れます。
それを2回茹でこぼします。

ざるに上げ、冷えてきたら下拵えてつけた切込みから「種」を取り除きます。
これが結構時間がかかります。種付で煮ても問題ありませんが、食べる時に邪魔になるので竹串を使って取り除きます。

これを鍋に入れて数分煮ます。
味付けとして、砂糖を200g加えて15分ほど煮ます。その後更に砂糖を200g加え15分ほど煮ます。

残りの1kgも近いうちに煮ようと思います。
我が家では消費し切れません。さすがにこれだけあると飽きてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Q-換毛の季節が来ました

そろそろ、にゃんこは換毛期ですね。
Qは真っ白け猫なので、抜け毛が良く目立ちます。
朝起きると廊下に毛が「積もっている」時もあります。

まぁ、季節の風物詩ですから、マメに掃除するしかありませんね。
Qはブラッシングは好きなので、時間があればブラシをかけてやるのですが、
抜け毛に関しては「焼け石に水」で、やはり家中、毛だらけになりますね。

片手でビデオを撮影しているのでブラッシングの「まねごと」しか撮れませんでした。
本来は時間をかけて全身にかけます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

庭の椿が開花です

まだ全部の種類が咲いたわけではありませんが、大方の椿が咲きそろいました。
IMG_0235 IMG_0233
白が「加茂本阿彌」ピンクが「嵯峨本阿彌」です。
京都の椿とのことです。


IMG_0232 IMG_0234IMG_0239
この三種は「肥後つばき」です。

一重、五弁、梅芯が共通です。
左から「旭の湊」「肥後京錦」「昭和の光」です。

IMG_0236 これは雪椿らしいのですが名前が不明です。
ホームセンターでの購入品で「阿賀の春」とNAMEが付いていたのですが、どうも違うようです。




IMG_0237 いわゆる「唐子咲き」ですが、これも名前が不明です。
これは何かのイベントで貰った物です。我が家では一番の早咲きで暮から咲いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Q-昼寝です

わざわざ動画で見るほどのモノではないかもしれませんが、
Qの昼寝をUPして見ました。
ト○ザラスでもらった「ポケモン・ポップアップテント」の中に座布団を敷き、
その上に「猫ベッド」を乗せてあります。

昼寝は、この中か、私の仕事用椅子の上、
或いは私の膝の上の何れかでします。
でも、この中が一番お気に入りみたいで、
最近は夜もここで寝ることが多くなりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

サボテン-かぐや姫開花です

エピテランサ属の「かぐや姫」が咲いています。
IMG_0203 IMG_0210
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、この仲間は皆、小型で群生します。
白い刺も、ごらんのように球体にへばりつくような生え方をします。
成長期には成長点(頂上の刺の出てくる所)に綿帽子をかぶり、その中から蕾が上がって来ます。

中央の球の直径は6.5cm、高さは8cmほどです。
花の直径は1cm弱ですが、集まって咲くので見応えがあると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サボテン-リサイクル容器を使う

釜飯の元祖、信越本線の「峠の釜飯」の容器です。
IMG_0189
信越線が廃止になって横川駅も閉鎖され、釜飯は上信越自動車道の横川SA下り車線での販売となりましたが、じつは高崎市内でも手に入ります。

使用済み容器はメーカーたる「おぎのや」さんに返却も出来ますが、店内以外で食べた場合、衛生上、安全上の問題などの理由で、粉砕してアスファルト原料になってしまうらしいです。

そこで、私流にリサイクルをしてみようと思いました。

私の場合、使用目的の対象は「猫」と「サボテン・園芸」ですが、猫の場合食器に使うのには深すぎるので、「植木鉢」に転用することとしました。

まず、底に穴を開けないと植木鉢として使えません。
そこで、ダイアモンドドリルを使用して穴を開けます。私の持っているのは直径20mmのものです。
IMG_0191
センターレスタイプで無いと難しいので、御覧のような物を使っています。
このタイプはガイドリングが必要です。両面テープで貼り付けて使います。

水を満たして「水冷」にて開けます。1分もかからずに穴は開きますが、この釜の材料は素焼きの植木鉢などに比べ、はるかに硬いです。IMG_0192

釜を乗せる「ひとり用コンロ」はホームセンターの冬物処分セールで60円で手に入れました。
これの底にも水抜き用の穴を開けます。IMG_0194

サボテンの植え替え時期なので、ギムノカリキウム属の「竜頭」を植えてみました。これは「かき子」苗です。
IMG_0201

釜のふたの使い道がありませんでした・・・
とりあえず、コンロの下に敷いて使っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

動画のテストです

動画をUPするのにFLIP CLIPを利用していたのですが、「無料」の悲しさで、今月の容量が満杯となってしまいました。

で、今度はFLVメーカーを使う事としました。(ここも無料です)
容量が大きいのですが、やはり『無料』の悲しさ・・・CMが流れマス。

とりあえずテストにて流してみたいと思います。

庭に現れるニセQです。(我が家ではそう呼んでいます・カワイソ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サボテンGETですが

昨日、いつもと違うホームセンターへ出かけました。
特にサボテン目当てと言う訳ではなかったのですが、グリーンコーナーを覗いてみると数は少ないのですが、サボテンが並んでいました。

その中で、花の綺麗なのがあったので手に入れてきました。IMG_0187 直径は7cmほどあります。
「お値段」500円は、まぁ手頃かなぁと思ったのですが、
残念ながらNAMEが付いていません。

姿や花の形などから、ネオポルテリア属の「銀翁丸」に近いかな?と思うのですが、如何なものでしょうね?
ちょっと花の色が濃いような気もするので「交配種」かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Q-悪事をはたらく

我が家には先代猫が遺した家具の傷跡が至るところにあります。
殆んどが「爪とぎ」の跡です。

Qは、爪とぎは家具などでしないので、なかなか優秀・・・と思っていたのですが、
最近、いろいろな家具の傷跡に新しいものが混じっているのを見つけ、
まさかQが・・・と思っていたのですが、

やっていましたねぇ。IMG_0184

私に見つかっても堂々と木の引戸で爪を研いでいます。

これも家族には内緒にしておきましょうか?
でも、こうあちこちでやられると、Qよ、家族に隠し通せないよぉ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

馬酔木の花が満開です

アセビorアシビですが馬酔木と書くのですね。
有毒植物なので馬が食べるとシビレてしまうとの事からの命名らしいですが、
有毒なものは馬は食べないと思うのですが如何なものなのでしょうね?
P2280033
我が家の庭に咲いている馬酔木は桃色の種類です。他には白色のものもありますね。
成長はスコブル鈍いです。庭に植えて6年目なのですが、未だに高さ30cmほどです。
ここまで成長が鈍いのは、なにか育て方が悪いのかな?とも思うのですが、

それでも毎年、今の時期にいっぱい花を咲かせてくれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サボテン-関白開花です

マミラリア属の『関白』が咲きました。

じつは一週間ほど前から咲いているのですが、なかなか、すっきりと晴れた日が無く、完全に開いた写真が撮れませんでした。

IMG_0157

花の直径は3cmほどです。球体が4cm程なので写真ではやたらと大きく見えますね。
マミラリアの仲間内では花は大きな方だと思います。
この花の色は薄桃色とでも言うのでしょうか?かなり変わった
色だと思います。

まだ蕾が幾つかあるので、しばらくは楽しめそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブロッコリーが採れました

庭の片隅で栽培しているので15株しかありません。
毎年、種から育てているのですが、ブロッコリーは失敗しませんね。
P2280032 P3110068

でも、株の大きさが皆同じようなので、同時期に収穫となってしまいます。
ここしばらくは毎日ブロッコリー料理が続きそうです。
皆さんはブロッコリーは好きですか?
いろいろな食べ方がありますが、手っ取り早くは茹でてマヨネーズ、でしょうかね。
グラタンやチーズフォンジュ、ピザなども定番ですね。

頂上を採ってしまってもカリフラワーと違い、脇芽も次々と出てくるのでかなり長期に収穫できます。

家庭菜園にはブロッコリーはお勧めですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Q-膝に飛び乗ります

Qが膝に飛び乗るところをビデオに収めてみました。
必ず、私の足先に「匂い付け」の様な仕草をしてから飛び乗ります。

飛び乗った後はゴロゴロと言いながら座り込んで、
そのまま一眠りします。
この場面はビデオに撮るには近すぎて、うまく撮れませんでした・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

春風馬堤曲

言わずと知れた、蕪村の名作ですね。
私が論評するよりも、数多の先人先生達がこの名作を讃えていますね。

やぶ入や浪花を出て長柄川

で始まる、この春の絵巻は、是非今の時節に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TACTICS

私は若い時には毛髪は「剛毛」の部類でした。
寝ぐせが付いた時には直すのが一苦労でした。高校は電車通学だったので、ちょっと起きるのが遅いと時間に追われてパニック状態になることもしばしばありました。

満員電車に揺られての通学途上、きつい匂いのする整髪料をつけた中年サラリーマンがいつも数人乗っていて、香害に苦しみながらも身動きできず、じっと耐えて乗っていたのを思い出します。

何で、あんなに強い匂いで、尚且つテカテカと艶のある整髪料を使うのだ!といつも思っていたのですが・・・・

時は流れ、いざ自分があの時のサラリーマンと同年代になってみると、何となく理由がわかりますね。。。

P3100066

年とともに髪にハリや腰が無くなって来てしまうのですね。
若かりし頃は寝ぐせを直すのが一苦労だったのに、今では洗面所で手のひらを濡らして頭をちょっと撫でれば寝ぐせもすぐに直ってしまいます。

風の強い日などには整髪料なしで外出すると、あっという間に「乱れ髪」です。
そんなわけで、必要に応じて最小限の整髪料を使っています。

でも、匂いのきついのはダメですねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サボテン-高砂の蕾が上がってきました

マミラリア属の『高砂』の蕾が上がってきました。
P3080056 気温もだいぶ上がって来たので、咲くのにそれほど時間は掛からないと思います。

お彼岸前には咲くでしょうね。

02 これは去年の開花の様子です。

御覧のように一年で株が一回り大きくなりました。

実は昨秋に植え替えようと思っていたのですが忙しくてそのまま春になってしまいました。
鉢を覆うように成長してしまったので水遣りは上から出来ません。
鉢をバケツに浸して底面から水遣りをしています。

ここまで大きくなると土の乾きが遅くなり、根腐れなどの心配があるので、今年こそは開花後に植え替えないと夏を越すのがちょっと心配です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

なんか悲しい

都合により、この記事の内容は削除しました。

コメントを下さったみぃさん、巴さん、お心遣いありがとうございました。
pufさん、大変失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Q-御機嫌な時はしっぽがゆらゆら

Qのしっぽは良く動きます。
(群馬の方言では「動く」を「いごく」と言います)
本人(猫)は無意識に動かしているのでしょうね。

御機嫌な時は特にゆらゆら動かしています。
見ていて飽きません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

和同開珎

我が家に昔からある「和同開珎」です。
何時の頃からあるのか父もわかりません。
P1270049

ひょっとして奈良時代からかな?
我が家は代々貧乏だったので、子孫に残せた財産は、この貨幣一枚限りだった・・・
そう思うとロマン溢れる貨幣ですね。(んな、バカなぁ・・・)

さて、
古来、このテのものはニセモノが横行しているらしいですね。
で、我が家のは、どうなのでしょうね?
鑑定して貰うほどの物でもないし、また、仮にニセモノとしても捨てるわけにも行きませんねえ。

このまま「夢」は大切にしておきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドコモダケ

娘や息子は、よく携帯の機種変更をしています。
P3010043


私が最初に使ったのはPHSです。音声が綺麗に聞こえるので驚いたのを覚えています。
が、しかし、車での移動中などの時繋がりが悪いのですぐに買い換えました。

その後2回ほど買い替え、現在はP211iです。
田舎住まいなので、「地方に強い」DoCoMoをずっと使っています。
私は携帯は「電話とメール」が出来れば良いと思っているので、古いままです。


正月に家族の機種変の手続きに付き合ってショップへ行ったのですが、

正直、私も安いものがあれば交換しようかな?とも思っていたのですが、
店員のお姉さんに

『お客様は2年以上同一機種をお使いになられているので、電池を無料サービスにて送らせて頂きますぅ~』
と言われ、買いそびれてしまいました~^^;

当分、この携帯にお世話になります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Q-つめとぎ

Qは「つめとぎ」は頻繁に行います。

「つめみがき」以外の場所では爪を研がないので、この点は立派です。
と、思っていたのですが、
私の部屋の壁に手をかけて伸びをするクセがあるのです。

P3010040

壁を良く見ると、だいぶやられていますねぇ~。。。
家族には内緒にしておきましょうね・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »