« うち語 | トップページ | 猫グッズ »

サボテン-今時の植え替え

刺だらけの大きなサボテンを植え替えるのは怖いです^^

このサボテンは「金鯱(きんしゃち)」という種類です。ごくありふれた種類で、園芸店、ホームセンターなどでよく見かけると思います。

春先から順にサボテンを植え替えて来て、この金鯱が最後となりました。
この種類は丈夫なので、真冬と真夏を避ければいつでも植え替えが出来る様です。

どんどん大きくなり、年と共に刺も立派になりますが、

しかし~
植え替え作業時には、これらの特徴が困り物なのです^^

まず、重いです。ウチのは直径が34cmほどあり、重さは約16kgほどあります。
刺が無ければ抱き抱えられるのですが、金鯱君は完全武装しているので、そんな事をしたら串刺しにされてしまいます^^;
Img_0585 Img_0572 Img_0571

軽く持ち上げられて、姿勢もある程度楽に調整するには滑車で吊り上げるのが手っ取り早いですね。
動滑車2個、定滑車2個を使えば、引き上げる力は、およそ、
16xgx(1/4)≒40N(=4kgf)   これは中学校で習いますよね?
この程度の荷重ならば、作業は楽にできます。

サボテンの周りには梱包用の緩衝シートを巻きつけます。昔の人は古毛布などを使っていたようですが、このシートは刺から剥し易いのでGOODです。

植え替える前には鉢を乾かしておいた方が作業が楽です。
まず、引き上げてからロープを固定し、鉢を抜いて土を落とします。
そして、一回り大きな鉢を用意し、用土を適量入れます。
ここで「根を乾かす」、と、物の本には書いてありますが、「無視」して、即、植えつけます。
こんな物が何日もベランダでぶらぶらしていたら危険です^^;
また、『気色悪い』と、家族に猛反対されます^^;
それに、今が成長時期なので、根の復活も早くした方が宜しいと思います。

そろりそろりとサボテンを植える高さまで降ろし、姿勢を整えながら、用土を詰め込みます。
Img_0582

今回、鉢は朱泥の「10号平鉢」を使っています。これだけ大きいとプラ鉢や深い鉢は乾きが悪いです。
水は、直ぐには遣りません。
梅雨に入ってしまったので、
晴れ間が期待出来そうな日まで、おあずけじゃ・・・

|

« うち語 | トップページ | 猫グッズ »

サボテン、多肉植物」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

こうやって植え替えるんですね。
あのとげが刺さらないようなゴム手袋があるのかなぁって思ってました。
それにしても大掛かりな植え替え風景ですね。
私としては、大きなとげの塊がぶらぶら~としているのを
見るのは楽しそうだなぁと思ってしまいます。
ただし、間違ってぶつからなければ・・の話ですが・・。

投稿: 栗の渋皮煮 | 2006年6月13日 (火) 16時15分

栗の渋皮煮さん、こんにちは☆

用意するのは滑車とロープと脚立ぐらいなので、それほど難しくないのです^^
でも、刺の先端が針のように尖っているので、手袋は革のを使わないと危険です。

じつは、
植え替えそのものより、植え替え前後の運搬が一苦労なのです。
独りで運ぶのは、そろそろ限界かも^^;

投稿: 源右衛門. | 2006年6月13日 (火) 18時04分

源右衛門さん、慣れなくてというか、こういうものにはもともとうとくて、別の場所にコメントを書いてしまいました。ごめんなさい。

投稿: susio | 2006年6月13日 (火) 22時30分

ご無沙汰しておりました。
ここまで大きなサボテンはこのような方法がいいのかもしれませんね。
それにしても34センチとは大きい!

投稿: cactus | 2006年6月13日 (火) 22時50分

susioさん、こんにちは☆

おいで頂き、ありがとうございます。
NiftyはYahooブログとスタイルが若干違うので最初は戸惑うと思います。
書かれたコメントの『移動』は方法が判らないので、
私もそちらにコメントしておきますね~♪

投稿: 源右衛門. | 2006年6月14日 (水) 07時47分

cactusさん、こんにちは☆

刺のある、大きなサボテンは、この方法が植え替えしやすいです^^
手入れもろくにしないで放っておいた時期もあったのですが、
段差など付かないで、まともな球となりました。

サボ置き場の入口が巾50cmなので、鉢ごと抱えて通過するのが一苦労です^^

投稿: 源右衛門. | 2006年6月14日 (水) 08時15分

金鯱サマ・・さすがはサボテンの王様ですね。滑車まで出動とは、まさにスケールが違う~! 

投稿: ゆずぴん | 2006年6月14日 (水) 16時29分

ゆずぴんさん、こんばんは☆

今まで色々な方法、例えば鉢ごとゴロンと転がして植え替える事もやってきましたが、この吊り上げ法が一番楽です^^

地植えに出来ればこんな事をしなくても済むのですが、
植える場所が無いのです。

投稿: 源右衛門. | 2006年6月14日 (水) 19時40分

すごい!の一言ですね。
大きな金鯱の植替えってどうやるのか、いつも不思議に思っていました。
抱きかかえたら、胸まで血だらけですからね!
もうお花を付ける大きさですよね?

投稿: ぷてぃ♪ | 2006年6月15日 (木) 19時57分

ぷてぃ♪さん、こんにちは☆

去年は3輪咲きました。
金鯱を吊り下げている写真で、上から見たのには去年の咲いた跡が写っていますが、
今年は、まだ蕾が出て来ません^^;
一度開花すれば毎年咲くはずなのですが・・・ちょっと心配です。

花は小さくて茶色で、どちらかと言うと「みすぼらしい」です。

投稿: 源右衛門. | 2006年6月16日 (金) 13時12分

ご無沙汰です!夢にまで見た金鯱の滑車&ロープによる植え替えですね!一度やりたかった。
これ、40cmくらいに見えます。過小申告は偽証罪に値しますよ!

投稿: アラン | 2006年6月20日 (火) 23時44分

アランさん、こんにちは☆

大きく見えるでしょうか?
過少申告は致しておりませぬ^^
最大外周を測ったら108cmなので直径は計算で出しました。
滑車を使う方法は、道具さえ揃ってしまえば作業は楽です。
大物をいっぱい持っているアランさんにはお勧めですよ。

投稿: 源右衛門. | 2006年6月21日 (水) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163137/10495645

この記事へのトラックバック一覧です: サボテン-今時の植え替え:

« うち語 | トップページ | 猫グッズ »