« Q-それぞれの昼寝 | トップページ | ウチワサボテン »

カラスウリ

Img_1114

最近、なにかと慌しく、ブログの更新がママなりませぬ。
お越し頂いている皆様方への訪問を怠っている事を深くお詫び申し上げます。

この状態は8月中旬まで続きそうです。

カラスウリの花です。夜間に開き、直径は10cmほどになります。
朝には凋んでしまうので、意外と見かけた人は少ないかもしれません。
花の紹介サイトでは、『美しい』『神秘的』などと書いてあります。

野原などで眺めているだけの方々にとってはそうかも知れませんが、
庭や畑に「雑草」として入られた者の身としては辛いデス。

カラスウリは庭の樹木にとっては『大害草』です。
細い蔓で樹木に絡まり、木の外側全面を覆うように葉を茂らせ、下の木は日照不足となります。
『藤』は蔓で下の木を締め上げて枯らしますが、このカラスウリは「日陰作戦」で下の木にダメージを与えます。
秋にはオレンジ色の実を付け、種が鳥によって運ばれるのでウチでは庭のあちこちに生えています。

地下に根茎を作っているのですが、下の木の根元や塀の下などの、掘り起こすのには困難な場所から生えている事が多いので、退治するのはタイヘンです。
除草剤を葉に塗って根元から枯らすのが良いらしいのですが、下の木にしがみついている様な状態なので、葉一枚毎に刷毛でぺたぺたと薬を塗るしか策がありません。

|

« Q-それぞれの昼寝 | トップページ | ウチワサボテン »

園芸」カテゴリの記事

独り言」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

幻想的な花ですね。
でも木にとって、迷惑なんて思いませんでした。
家では、ヘクソカズラと山芋とツル日日草に手を焼いています。
あっという間に殖えるし、土につくとすぐ、根を出すしで
引っこ抜いたつもりでも また、殖えています。
昨日もたくさん引っこ抜いていたら、握力が無くなってしまいました。
きれいなお庭には 程遠いです・・・・。

投稿: 栗の渋皮煮 | 2006年8月 9日 (水) 22時58分

栗の渋皮煮さん

夏草の中でも、つる性のものは始末が悪いです。

色々調べてみましたが苗や種を通販で扱っているのですね!
朝顔みたいに鉢で栽培するのでしょうか?

投稿: 源右衛門. | 2006年8月10日 (木) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163137/11312853

この記事へのトラックバック一覧です: カラスウリ:

« Q-それぞれの昼寝 | トップページ | ウチワサボテン »