« カラスウリ | トップページ | ゴーヤ »

ウチワサボテン

Img_1089

ウチワサボテンの仲間も、「ウチワ形」と「球状」との2タイプがあるようです。
写真のは「ウチワ形」のものです。まぁ、ひと目見ればサボテンとわかります。

写真のサボテンの名前は「銀烏帽子(ぎんえぼし)」だと思います。
鉢は3号(直径9cm)なので、この属内では小型の方でしょう。


ウチワサボテンは丈夫な品種が多いので栽培している方も多いと思います。
刺は柔らかいのですが、先端が「逆刺」になっているらしく、刺さったら、なかなか抜けません。非常に痛いです。
園芸店などに無造作に置いてある事もありますが、「素手」で触るのは危険です。

ウチワサボテンの仲間では「ベニコイチジクが世界中で最も多く栽培されているのではないでしょうか。ペルーには大規模な農園もあるようです。
「ベニコイチジク
に寄生する「カイガラムシ」からコチニール色素が採れますね
天然色素として、食品添加物、化粧品、染色などに使われていますが、『虫』から採れるので、毛嫌いしている人もおられるようです。

カンパリのはコチニールで着色されているようです。
イタリアのリキュールにペルーのサボテンが係わっているなんて、面白いですね^^

|

« カラスウリ | トップページ | ゴーヤ »

サボテン、多肉植物」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

面白い形ですね。
何だか 子供がウサギさんを描いていて、耳を数多く描いてしまったようですね。
人懐こい形に誘われて、手を出すと、とんでもない目にあってしまいますね。
以前、子供がこんな形のサボテンに手を出して、とっても痛い目にあったことがあります。

投稿: 栗の渋皮煮 | 2006年8月 9日 (水) 23時03分

栗の渋皮煮さん
このサボテンは「バニーカクタス」とも言われているようですよ。
サボテンは柔らかそうな刺でも刺さると痛いので要注意です。

投稿: 源右衛門. | 2006年8月10日 (木) 12時55分

「バニーカクタス」と言われてピンときました。
トゲが細かくて、刺さると抜いてもいつまでも刺さってる
感じがするんですよねぇ。
でも、このサボテンって女性に人気ですよね。
コチニール色素。なるほど、勉強になりました。

投稿: ぶとし | 2006年8月17日 (木) 08時22分

ぶとしさん
このサボテンは挿し木で簡単に増やせるのですが、刺があるので扱いには注意が必要ですよね。
この株も挿し木で更新した物です。もう少し大きくなると花が咲くと思います。
薄黄色の、あまり目立たない花です。

投稿: 源右衛門. | 2006年8月19日 (土) 10時56分

源右衛門どの あまり更新がないけどネタがない?

それとも忙しいのかな・・・

投稿: アラン | 2006年8月25日 (金) 20時43分

アランさん、こんにちは☆
サボテン・多肉関係は植物そのものが夏季休眠状態なので、
更新は遅々として捗りませぬ。

また、感動を無理強いするようなブログとは一線を画したいと常々思っております。

アランさんとは終生の友人になれそうです^^

投稿: 源右衛門. | 2006年8月26日 (土) 12時49分

>感動を無理強いするようなブログとは一線を画したいと常々思っております。
そうですよね。
本当にそう思います。マイペースでやる源右衛門どのは男らしい♪
義理コメ&義理レスになっちゃいますよね。

私はなるべく盛り上がらないブログがいい。
大勢の方が押しかけるブログになんでわざわざ!と思います。
(ぷてぃさん復活しましたが元気がない。)

さて、ゆっくりやりますか・・・

投稿: アラン | 2006年8月31日 (木) 21時19分

アランさん、こんにちは。
私の、このブログは猫とサボテン、菜園が主なので、
マイペースもそうですが、ネタも少ないのです^^
特に今の時期はサボテンは花も殆ど無く休眠状態です。
秋にはメセン類が咲くので多少は賑やかになろうかと思います。

投稿: 源右衛門. | 2006年9月 1日 (金) 08時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163137/11353144

この記事へのトラックバック一覧です: ウチワサボテン:

« カラスウリ | トップページ | ゴーヤ »