« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

サボテンの子供

サボテンは『球形』のものは他の植物に比べて成長が鈍いですが、そのサボテンの中でも多少成長が早いものと、至って鈍いものとがあります。

下の写真は、何れもテロカクタス属の紅鷹(べにたか)です。この仲間は花が綺麗なのが多いですが、成長は『のろい』のが多いみたいですね。

今年の春に播いたので『生後6ヶ月』ですが、まだ、この大きさです。
育て方が、ヘタなのかもしれません。

これは黄刺ですね。
Pb290029
同じ種類を播いたつもりですが、色違いも出てきます。
こちらは紅刺のようです。
実生では、よくありますね。
Pb260015


| | コメント (13)

Q-PINK

目元はピンク!
Pb190006
 

肉球もピンク!
Img_0690_1
 

耳も鼻もピンク^^
Img_0642
Img_1306
 

ここも・・・
お食事中の方、失礼します^^;
Img_1440a
 

 

それがどうした!?   と言われると・・・・

| | コメント (12)

サボテン-白星

サボテンの『白星(はくせい)』です。
しろぼし)とか(しらぼし)などとの、無粋な呼び方はしないようです。

最近では<しろぼし>や<しらぼし>でも通じるらしいです。無粋ですね・・・
Pb210020
かなりの大株だったのですが数年前に蒸れてしまい、大半が腐ってしまいました。
なんとか2株生き残り、だいぶ復活してきました。
この品種は、どんどん子を吹いて大きくなります。

右のが30頭弱ですが100以上になると見応えがあります。

開花の時期を迎えました。
Pb210018_1
花は黄色でやや濃い目の筋が入っています。
花の色は、球体の羽毛の色に似ているので、それほど目立ちません。

弱い香りがあります。

| | コメント (8)

Q-擬態

弱い野生の動物は、環境に溶け込むような色や姿をして自分を隠していますね。
天敵から身を守り、また、獲物に気付かれない利点がありますが、これを「進化」の結果とすれば、それなりの淘汰あっての事なのでしょう。
で、
猫の場合はどうなのでしょうね?
黒猫はともかく、三毛やトラは身を隠すよりも、むしろ存在が目だってしまうような気がしてしまいますが・・・
ウチのQみたいな白猫は、なおさらですね。
雪の上ならいざ知らず、温暖な環境では著しく不利な姿だと思うのですが、もはや『猫』は野生動物とは言い難いので、お構い無しなのでしょうか??
Pa260049

| | コメント (4)

サボテン-明星

サボテンの『明星(みょうじょう)』が開花しました。
Pb150052

Pb150051

我が家のサボテンで、この仲間内では一番の早咲きです。
花は小さいです。サボテンの直径が8cm、花は1cm程です。

そろそろ群生しても良いのでは?と思っているのですが、一向に子を吹く気配がありません。

| | コメント (8)

パン屋の1ダース?

仕事柄、時々辞書を引きます。国語、英和が多いです。

英和は研究社の『新英和大辞典』、国語は『広辞苑』が主で、『大言海』は殆ど遊びに使っています。

PCを使っていての仕事なので、何もわざわざ本の辞書を引っ張り出さなくてもNETの検索機能を使えば、と思っても、私の場合、単語の意味を調べるのは本を開いて探す方が断然速いし楽しいです。

辞書の場合、載っている単語のページを何気なく見渡し、知らない言葉や思いがけない言い回しなどを見つける事もあるので楽しいですね。
何十年も使っていても実際には辞書の中身の何%を使ったのか?と、ふと疑問に思うことがありますね。恐らく微々たる数字かと思います。
あらためて辞書を最初に作った人はえらいと思います。

で、きょうは、とある事を調べていて見つけたのが、

   『a baker's dozen』

『13個』という意味でしたか。。。
恥かしながら知りませんでした^^;

| | コメント (10)

Q-膝に飛び乗る

Qが膝に乗る動画は過去にも載せましたが、なかなかうまく撮れません。
最近は寒くなってきたので『おいで~♪』と言うと簡単にヒラリと乗って来るようになりました。

おデブなのにジャンプ力は結構あります。
飛び上がりは120cmまで位ならできるようです。
飛び降りは・・・かなり無謀な事をします。190cmの食器棚の上からも床に飛び降りるので、見ている方がヒヤヒヤします。

| | コメント (8)

小菊

我が拙宅では、今を盛りと、小菊が咲いております。
Pb050032 Pb050033 Pb050034 Pb050035 Pb050037 Pb050038 Pb050040 Pb050041

しつこくなってしまいましたね~^^;

最後の花は『オオテンニンギク』です。
小菊の範疇からは外れて乖れていますが、ついでに・・・

2006.11.9訂正

| | コメント (4)

Q-巣籠り

睡眠時、Qは最近は以前にも増して猫ベッドを使う時間が多くなりました。
寒がりなので、殆ど『巣ごもり』状態です^^;
私の仕事中は足元で丸くなって、何とも気持ち良さそうに寝ています。

Pa300021

でも、汗ばむような日には、さすがに丸くなって寝ませんねぇ。
Pa300019
何も、そこまでして猫ベッドで寝なくても・・・

| | コメント (12)

Q-膝の上で

寒くなったからでしょうね。最近、Qは私の膝の上に頻繁に乗って来る様になりました。
拳を近付けるとスリスリして来ます。匂い付けらしき事もします。
暫く私と遊んだ後は、膝の上で一眠りします。



膝上が熱いです^^;
でも、Qも熱いのでしょう。10分ほど寝てから『猫ベッド』に戻ります。

| | コメント (20)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »