« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

Q-正座スタイル

ニャンコは人の手のひらの広さがあれば、座ることが出来る』と、
何かでみかけた事があるのですが、本当でしょうか?


純粋な日本猫ならできるかもしれません。

でも、最近の日本のニャンコは外来種とのハイブリッド化が進んで来て、大型化してきていますね。

ウチのQも、色々な『血』が入っていると思います。まもなく4.5㎏になろうとしています。
そんなわけで、Qが座るには『両手のひら』以上の広さが必要です。

P1250002

香箱はヘタですが、座るのは上手です・・・って、当たり前かも^^;
前脚を揃えて、その上に尾の先を乗せます。
ヤンチャ娘の、かしこまったポーズです。と、私は勝手に思い込んでおります。

せっかくの『前脚』が見えませんねぇ。

 
脚自慢をしちゃおう!

Pc280010
ぬいぐるみではありません!  なんちゃって^^;

親バカでしたぁ m(__)m

| | コメント (16)

QRコード

文字での情報の伝達には不向きですね。。。

   Qrcode_2

         ↑は、携帯で読めたでしょうか?

| | コメント (2)

メンテナンス実施について

nifty利用の方は、ご存知かと思いますが、
2007年1月16日(火)15:00~1月17日(水)15:00の約24時間、ココログベーシック/プラス/プロのメンテナンスが実施されます。

メンテナンス中はココログの閲覧は可能ですが、管理画面にログインすることができなくなります。また、コメントやトラックバックも受け付けることができません-----との事です。

| | コメント (0)

標識

大根を買いに行くのも一苦労・・・

なんちゃって^^

P1120067

| | コメント (5)

手づくりコンニャク

コンニャクの株です。冬に地上部は枯れてしまうので『樹木』ではなく『多年草』です。
05072202
地下に根茎があり、親芋と、そのまわりに子芋があります。
子芋は外して、春にまた植えつけて育てます。
今回採れた親芋は1kgほどです。下の写真で、芋の上部に付いているのは芽です。
親芋を料理に使います。
P1020021_1 

水洗いしてから皮をむきます。市販のコンニャクは皮付きのまま加工するのが多く、その場合は出来上がったコンニャク内に黒い斑が入ります。
芋の固さは『サトイモ』程度ですね。
芽や汚れも取り除きます。
P1020025
ここからは、色々な方法がありますが、ウチではすりおろす方法で加工します。『おろし金』ですりおろします。
かなり滑りやすいです。また、かぶれる事もあるらしいので、布巾で包むかゴム手袋を着用します。
P1020027
球1kgに対し水5リットルほどを鍋に入れ、この中にすりおろした物を入れます。
P1020028
これを、かき回しながら80℃ほどまでに加熱します。

鍋の中がねずみ色になるのが目安です。多少粘り気が出てきます。
P1020032
これを60℃ほどになるまで冷まします。
この辺りの温度の加減はコンニャクの生産者から伺ったものなので、「なぜ、そうするのか?」は良くわかりませんが、とにかく失敗無く出来ます。
 

冷やしている間に「凝固剤」の準備をします。
芋1kgに対し、炭酸ソーダを30g(人によっては50gとも)をぬるま湯で溶きます。
P1020035
これを鍋の中に入れ、一気にかき回します。
あっという間に固まって来るので、すばやく行います。
これを『型』に入れれば『板コンニャク』となります。
ウチでは、鍋のまま放置して冷やし、完全に固まるのを待ちます。
鍋の中が、すべてコンニャクになるので、芋1kgから5リットルのコンニャクが出来上がります!
P1020037_1
完全に固まったら「おたま」などで小分けにして湯がきます。
3回ほど湯がかないとソーダ臭さが抜けません。

下の写真は全量の1/4ほどです。
P1030041
芋の皮を取り除いてあるので出来上がりは白っぽいです。鶏肉みたいですね^^
料理する前にはスライスして更に湯がきます。

今回は正月なので貰い手が多く、無事に捌けましたが、5リットルのコンニャクは一般家庭では使い切るのはタイヘンだと思います。

芋が200gで、充分な量(1リットル)のコンニャクが出来ます。

     ☆★☆ 追記 ☆★☆

使うソーダは『炭酸ソーダ』であり、『苛性(かせい)ソーダ』ではありませんよ~!
苛性ソーダ(NaOH)は劇物です。体に入ると死に至る危険があります。くれぐれもご用心を!

| | コメント (10)

Q-利き手を調べる

ニャンコにも『利き手』があるようですね。
Qがコップの水を飲むのは右手が多いようです。
でも、もっと手っ取り早く『利き手』を調べるには、こんな物も使えますね。
Pb270019_2
ネズミ丼ではありません^^
紐の付いたこのようなものを一匹?ニャンコの目の前に置き、すばやく、少し動かします。
その時、ほぼ無意識に、とっさに片手を出します。(多分。。。)
その、『出した手』が『利き手』です。(多分。。。)

Qは、これで調べても『右利き』のようです。
P1060058

皆様の愛猫ちゃんの『利き手』は、はたして、どちらでしょうか?

って、調べても、あまり意味がありませんでしたね^^

| | コメント (8)

遅ればせながら

遅ればせながら

あけましておめでとうございます。
本年もQ共々、よろしくお願いいたします。

一月中旬程からブログを更新する予定でしたが、予定を早めました!

昨年同様、ゆるゆると更新して行く所存です^^
宜しくお願い申し上げます m(__)m

| | コメント (2)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »