« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

Q-ポットの水を飲む

ニャンコは、食事の時など、ヒゲが何かに触れるのを嫌がると聞いた事があるのですが、ウチのQは何とも思っていないようです。

ご飯の横に、水も器に入れて用意してあるのですが、なぜか他でも、水を見ると飲みたくなるようです。
P6260096

でも、この飲み方では、目があけられないと思うのですが、ちゃんと見えているのでしょうか?
P6260095

Qは、他にも変わった飲み方をします。
ノラ時代に必要に迫られて覚えたのかもしれません。

| | コメント (4)

ジュニア歴史小説-算法少女

この物語は、江戸時代に実際に出版された和算書「算法少女」から名付けられているとのことです。

小説は、和算書を編纂する父を手伝ったとされる主人公の娘、あきを通し、当時の世相や庶民の間に広まっていった和算を学ぶ事の喜びを、詩情豊かに、生き生きと描き出している名作です。

遠藤寛子さんの御執筆により、1973年に岩崎書店より刊行され、その後一時絶版となっていましたが、去年の夏に筑摩書房より再販の運びとなりました。
喜ばしい限りです。
P6150035_1
ジュニア向けとはいいながら、読んで「♡キュン」-お勧めです!

13歳の町娘あきが、花祭りの日に浅草の観音さまで、奉納されようとしている算額(=絵馬)に誤りを見つけ、「どうもへんだわ」と、声をあげた事から物語は急展開して行きます。
P6150040
で、話の元とは、円と三角形の問題です。
『半円に直角三角形を内接させ、この三角形の内接円と、弓形内に描いた最大の円が、あい等しいときの外接円と小円の半径の関係は?』
算額を掲げようとする旗本の子息は小円の半径を4寸とした時に外接円の半径は1尺2寸と答えを出したが、あきは1尺3寸であると・・・
Sanpou
で、
私のブログに、せっかく来訪してくださったからには、問題を解いてから、お帰り頂きたいと思います。
ヒントとして、下図のように補助線を入れます。
角BACは直角で、JDは小円の直径。HE=HF=HGは小円の半径です。
Sanpou1
小円の半径が4寸のとき、外接円の半径BP(=CP)は?

中学生の学力で、充分解けますね^^

 

上記問題の回答です。なお、文庫本には回答は書いてありません。
中学生の学力で解けると書いてしまった手前、少し、くどくどと書きます。
概略は、
外接円の半径をRとして、三角形ABCの各辺を、Rを含む数式として求め、ピタゴラスの定理:ABの2乗+ACの2乗=BCの2乗を使って解きます。
(他にもいろいろな解法があります。)

(以下、2乗について、例えばABの2乗はAB^2と記します)

まず、BCを求めます。
三角形ABCの辺でBCは外接円の直径なので、
BC=2xR------(1)

次に辺ACを求めます。
弓形内の小円は、外接円にも線分ABにも接しているので、JDは小円の直径であり、線分JDとABは直角に交わります。また、その延長上で線分BCと交わる点は外接円の中心です。このことから三角形ABCと三角形DBPは相似であり、
AC=2xDP----(2)
また、JP=R=JD+DP,JD=8なので、DP=R-8。
これより、
AC=2xDP=2xR-16-----(3)

残る辺ABについては、
AB=AE+EBですが、三角形BEHとBGHは対称形なので、EB=GB。
ここで辺BCの長さは2xRなので、
GB=2xR-GC。
で、三角形CHGとCHFは対称形なので、GC=FC。
これより,
AB=GB+4=2xR-GC+4=2xR-FC+4----(4)

AC=AF+FCより、FC=AC-AFですが、AF=4であり、ACは(1)であるので、
FC=2xR-16-4=2xR-20----(5)
(5)を(4)に代入して
AB=2xR-(2xR-20)+4=24----(6)

これでAB,AC,BCの各辺の長さが出揃いました。
AB^2+AC^2=BC^2を求めます。
24^2+(2xR-16)^2=(2xR)^2
展開して、
24^2-64xR+16^2=0
R=(24^2+16^2)/64=(576+256)/64=13

13寸=1尺3寸

あきちゃんが正解でしたね^^

*****************************************

追加記入(08.8.19)

乞 御笑覧

弦と円弧に内接する円の、中心の軌跡は、放物線になる事の概略説明です。


01

| | コメント (11)

梅漬けの季節ですね

暑い日が続いたので、我が家の梅も採り頃となりました。

ウチの梅の採り頃の判断は、梅の木をちょっと離れた所から眺めた時、梅の実が簡単に見つかる時です。
実が若いと、葉と同じ色をしているので見つけ難いけど、ちょっと熟すと簡単に見つけられる様になります。
P6110015 
一つ一つ手で採ります。選別しながら採ると時間がかかるので、とりあえずは木に生っているのは全部採ります。
P6110019
梅の木は2本あるのですが、手入れは、かなりいい加減なので、年によって採れる量がバラバラです。
今年は、まあ、豊作~♪

P6110025

採れたては青いですが、昼間の気温が30度もあるので、1日経てば、かなり黄色くなります。
選別後、さらにジュース用や砂糖漬け用などに分け、残りを梅干用とします。まぁ大半が梅干になりますね。

まずは一晩以上、水に晒してあくを抜き塩漬けにします。
P6130033


梅酒はウチでは飲む人がいないので、最近は作りません。

| | コメント (4)

Qちゃん-4歳になりました

2003年6月10日近辺がQの推定誕生日です。

推定なのは、Qは『元ノラ』の拾い猫だからです。
およその誕生日は、歯の抜け替わる時期から逆算して、獣医さんに推定してもらいました。

P9050080

我が家に来たのが同年9月4日なので、誕生から、家に来る間の暮らしは謎です。
上の写真は、来た翌日のものです。首輪はノミ取り用で、急遽買ったものですが、思うに、獣医さんに直行した方が良かったですね。

痩せこけていて、病気や寄生虫を背負っていたので、はたしてまともに育つかどうか心配でした。かなり過酷な暮らしだったようです。
腸炎を発病して、生死を彷徨った事もありましたが、獣医さんの尽力により助かりました。
成長するにつれて丈夫な身体となり、今では過去の事が嘘と思える位元気です。
(ちょっと太り気味なのが気になりますが・・・)

昨今では、私が家で仕事をしている時には、付かず離れず、手の届くところにたむろしています。
P6080007
でも、時々、仕事の邪魔をしますねぇ。
Qちゃん、手帳の上で寝ないでョ。

| | コメント (6)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »