« Qちゃんの近況です | トップページ | Qちゃん-窓辺にて »

Qちゃんのトイレ事情

猫の尾は、個体によって様々ですね。
でも、長い尾の猫と、全く尾の無い猫とでは、生きて行くのに何か違いが出てくるのでしょうかね?
猫の尾は走る時に役立つと聞いた事がありますが、どうなのでしょうね。
Qちゃんは『そこそこ』の尾を持っていますが、走りながら直角に曲がろうとすると、時々『ドリフト』をしてしまうので、尾の使い方がへたなのかな?
まぁ、スピンするよりはマシですが(笑)

でも、猫にとって尾は、身体の付属物ではなくて、手足に等しいほどの器官なのでしょうね。トイレを使っている姿などを見ると、そう思いますよ。

Qちゃんのトイレは屋根付きで入口は一か所です。
身体が大きいので、頭から入ると尾までが入りきれません。
尾が入らなくても、トイレは使えそうなのですが、Qちゃんは尾にコダワリを持っているようです。
そんなわけで、トイレを使う時には、中でクルリと向きを変えてからトイレタイムとなります。

子猫の時には、向きを変えても身体がトイレの中に納まったのですが、最近は、こんなスタイルが多くなりました。
P4270072
「大」でも「小」でも、使用後は砂を掛けるのですが、一旦外に出てから再びトイレに上半身を入れて作業をします。

生後3ヶ月弱にウチに貰われて来てから、トイレの失敗は一度もありません。トイレの躾けは全くしなかったのですが、最初から何の苦労もなく使ってくれました。
親に逸れたノラちゃんだったはずなのですが、一連の動作は、いつ覚えたのか謎です。

|

« Qちゃんの近況です | トップページ | Qちゃん-窓辺にて »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Qちゃんの近況です | トップページ | Qちゃん-窓辺にて »