« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

サボテン-源右衛門的植え替えⅡ

前回の続きですが、

根が乾いたら鉢に植え付けるだけです。
簡単ですねbud

底穴やスリットの入っているものなら何にでも植えつけられますが、テラコッタや柔らかい素焼きは、乾き過ぎるので私は使ってません。
一年間成長できる大きさで良いので、その最小限の大きさで充分です。逆に鉢が大きすぎると過湿になったりして、あまり良い結果にはならないかもしれません。

今回はウチョウ蘭用が空いていたので使ってみます。
用土は『サボテン専用』も手に入りますが、単体を混ぜて作ったほうが安いし、混合のやり方次第では他の鉢花にも使えるので、最近はこの方法です。

水はけが良く、崩れ難く、水持ちが良くて適当に重いのが宜しいようですが、第一条件としては、簡単に手に入るものです。
P3210120
一般的な用土と比べると、かなり粗いかもしれません。腐葉土は全く使いません。これに鹿沼土が入れば山野草用そのものです。
元肥として化成肥料を適量入れます。
P3210128
植え付けに特別な技術はありませんが、用土は乾いた状態で扱います。
鉢底をネットなどで塞ぎ、用土を適当に入れてからサボテンの根を広げ、
竹箸などで突いて落ち着かせながら用土を足します。
P3210129
子を吹いて横に広がる品種は深植えすると鉢の中で押し合いが始まるので、鉢上いっぱいに植えつけてます。

以前の鉢が3号で、この鉢が4号です。ちょっと鉢が大きいようですが中間が無いので致し方ありません。
植えた翌日に元の場所に戻し、その翌日に水を与えます。
もうちょっと丁寧に扱いたいのですが、残念な事に、手間隙かける時間の余裕が最近はありません。

一年後には鉢いっぱいに増えているはずですが、はたしてどうなるでしょうか。

  ・・・続きは一年後?・・・

| | コメント (2)

Qちゃん-春の夜の夢

春の夜の 夢ばかりなる 手枕に 

Img_1608

かひなくたたむ 名こそをしけれ^^

moon3

| | コメント (0)

サボテン-源右衛門的植え替え

彼岸になり、サボテンもそろそろ動き始めました。
私の所では、今の時期は、花がまだ咲いていないものから順に植え替えを行います。

鉢で育てるサボテンは、何年も植え替えないと用土が劣化して栄養分の偏りや、多湿による根腐れ、根詰まりを起こしかねません。
ごく平均的なサボテンでは、毎年一回ほどは植え替えて土の更新をしたほうが宜しいかと思います。

これはエスコバリア属の『レーイ』という品種です。


レーイを例に植え替えをして見ます。
(駄洒落になってしまいましたね・・・)
P3180111

この仲間の刺はガラス質との例えどおり、太くて硬いのが多いです。
刺の色の透明感ある白は独特のものです。
この株は、まだ貧弱ですが、子吹きが良いので、いずれは大群生株になろうかと、ひそかに期待してます。

植え替え手順は、最初に鉢から抜きます。
(至極当たり前^^)
一年間で、鉢の底の方まで根がまわってます。
P3180112

年に一回しか『根』を見る機会が無いので、貴重な時間だと思います。
作業に皮手袋は必需品です。それも薄手で丈夫のものが感触が指に伝わってくるので良いですね。写真の手袋はドライブ用です。

次に『根』の部分の土を落とします。
竹箸などを使ってすべての土を落としてしまいます。
これが他の草花の植え替えと違う点でしょうか。
P3180113
根が絡み合っているので箸などで梳るように解します。
その際、根の先端が千切れてしまいますが、構わず解します。
解した後、ハサミで根の長さを整えます。土の付いた根を切れば刃が傷むので、それなりのハサミが宜しいかと思います。
どの程度根を整理するかは特に決まりはありません。私の場合、作業性のことも考え、根を広げたときに新しく植え込む鉢の内径程度の長さを目安にしています。因みに、全く切らない人もいる様です。

根を整理したら乾かします。これも普通の草花と大きく異なりますね。
乾かさないで植え込むと、そこから腐敗が始まる心配があるとの事です。リスクの程度は判りませんが。

まぁ、その他の大きな理由として、根が湿っていると植えつけにくいのです。

どのくらい乾かすかは、千差万別というか、個人差があるというか。。。

半日の人から一週間、さらには1か月とか・・・

サボテンは乾かすのが目的でなく、育てるのが目的ですので、私の場合、晴天であれば24時間後には植えてしまいます。

   ・・・続く・・・

| | コメント (0)

サボテン-グラッシー

サボテンの各品種には、大抵は固有の名前が付いてます。

旧来は日本に入ってきたサボテンには『和名』=『日本語の名前』を付ける習慣があったようですが、いつの頃からか、新しいものには学名やアメリカなどでの呼び名も、そのまま使うようになりました。

過去には、かなり趣向を凝らした命名がなされておりました。

実際、サボテンの名前には、『鸞鳳玉』とか『久髯玉』など、読み方も意味も、漢和辞典を持ち出さないとさっぱり判らないようなものも多くあります。

で、きょうの『グラッシー』ですが、和名は無いようです。
比較的新しい品種なのでしょうかね?

グラッシーの中でも、花色などの違いにより、亜種があるようですが、ウチのはピンクのやや大きめの花を咲かせます。

P3030061

一目でマミラリア属です。

このテのものは、あまり人気が無いのでしょうか?3年ほど前、某ホームセンターの片隅でホコリをかぶっていたのを200円ほどで単体を手に入れました。


子吹きは良好で、すでに30頭ほどになってます。
白刺で群生するサボテンは変化に富み、刺と花の色のバランスもよく、見応えもあろうかと思うのですが、如何でしょうか?
P2180013

| | コメント (0)

野菜-夏野菜の播種

パプリカですが、種から育ててみます。

発芽温度が高いのでサボテンと同居してます。
P3170107
うまく芽が出るかなbud

| | コメント (0)

Qちゃん-おすまし

P3150106_2

明るい所で写すと瞳が細くなっているので、ちょっと雰囲気が変わりますね。

窓の外から鳥の囀りが聞こえてくるので、ちょっと気を取られているようです。

最近、左目の下マブタ(向かって右)に黒っぽい「ポチ」が出て来ました。
どうやらアクネみたいですが、本人(猫)は全く気にしていないので、特別なケアはやっておりませんcat

思うに、こうしてQちゃんの全身を正面から写すのは久しぶりかな?

年々、少しずつではありますが、全身の毛が長く、多くなってきています。先代はお腹の皮膚が見えたのですが、Qは毛深いので全く見えません。

| | コメント (0)

サボテン-翁玉開花です

マミラリア属の翁玉『おきなだま』です。

(追記:翁玉の読み方は、このほかにも「おきなぎょく」「おうぎょく」など、色々あるようです)

刺座はごく小さく、「満月」の半分以下です。刺も肌が見えないほど密に生えています。

濃いピンクの、いかにもマミラリア属という花を咲かせます。
刺との色の対比が鮮かで、この花は咲いていると、サボ置き場では良く目立ちます。
P3110093

P3110094
元は群生だったのですが故障したので単体に切り離し、育てなおしの途上ですので、いずれは子吹いて来るものと思っているのですが、この翁玉は他の一般的なマミラリアに比べ、成長は鈍いような気がするので、群生になるのは、まだだいぶ先のようです。

市場には、あまり出回ってないのでしょうか?
ホームセンターなどでは見かけたことがありません。

栽培の難易度は『極低』かな。
おススメなのですけどね・・・・・・

| | コメント (0)

Qちゃん-恋の季節

黒の正装でいらっしゃるなんて~
凛々しい御姿~heart04


P3120101

思わず、うっとり~heart01

| | コメント (2)

サボテン-烏羽玉

ペヨーテです。

2005年春に播種したので、今年で3歳苗となりますが、開花しました。

P3110091

意外と開花年齢が早いのですね。

| | コメント (0)

Qちゃん-仕事のジャマをする

確定申告の期限も徐々に迫ってきました。
年度末でもあり、仕事も3月末締めのものが多く、何かと慌しい季節です。
動き回るのは時間が勿体無いので、3月いっぱいは、なるべくならば外出せずに事を済まそうと思っているのですが・・・・・

こういう時に限り、Qは膝の上に頻繁に乗ってきます。
P3050073

しばし、休憩ですcafe

いや、しょっちゅう休憩をしているので、仕事が捗りませんsnail

とか何とか言いながら、Qちゃんの写真を撮っているので、
ますます遅れ気味ですcoldsweats01

この時期は、毎年同じような思いをして、独り相撲をとり続けているのですが、4月になると嘘のように穏やかな環境になります。

来月は、嵐の後の静けさですね。
(そんな言葉、あったっけ?)

P3050077

毎年同じことの繰り返しで、イズレ何とかなるのはわかっているのですがねぇ。

Qちゃんの『尾』でも眺めて気を落ち着けましょうかねnote

和みますね~、と、独りでガッテンですcat

すんなりと尖っていて、まるで毛筆みたいです。
墨を含ませて年賀状など書けそうですね^^
でも、そんな事をすればQが暴れまくるので、私は確実に病院行きでしょうかhospital

尾と言えば、我が地方では尾を『しっぽ』のほかに『おっぽ』とも言うのです。
『おっぽ』は辞書にも載ってないので方言かと思っていたのですが、家電センターに行った時、偶然にもテレビで競馬中継を流していて、解説者が馬の尾を『馬のおっぽ』といっているのを聞いた事があります。
広く使われている言葉だったようですね。

| | コメント (0)

ダイコンです

ウチの家庭菜園で採れたダイコンですeye

P3050083

本当にダイコンですthink

| | コメント (2)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »