« サボテン-グラッシー | トップページ | Qちゃん-春の夜の夢 »

サボテン-源右衛門的植え替え

彼岸になり、サボテンもそろそろ動き始めました。
私の所では、今の時期は、花がまだ咲いていないものから順に植え替えを行います。

鉢で育てるサボテンは、何年も植え替えないと用土が劣化して栄養分の偏りや、多湿による根腐れ、根詰まりを起こしかねません。
ごく平均的なサボテンでは、毎年一回ほどは植え替えて土の更新をしたほうが宜しいかと思います。

これはエスコバリア属の『レーイ』という品種です。


レーイを例に植え替えをして見ます。
(駄洒落になってしまいましたね・・・)
P3180111

この仲間の刺はガラス質との例えどおり、太くて硬いのが多いです。
刺の色の透明感ある白は独特のものです。
この株は、まだ貧弱ですが、子吹きが良いので、いずれは大群生株になろうかと、ひそかに期待してます。

植え替え手順は、最初に鉢から抜きます。
(至極当たり前^^)
一年間で、鉢の底の方まで根がまわってます。
P3180112

年に一回しか『根』を見る機会が無いので、貴重な時間だと思います。
作業に皮手袋は必需品です。それも薄手で丈夫のものが感触が指に伝わってくるので良いですね。写真の手袋はドライブ用です。

次に『根』の部分の土を落とします。
竹箸などを使ってすべての土を落としてしまいます。
これが他の草花の植え替えと違う点でしょうか。
P3180113
根が絡み合っているので箸などで梳るように解します。
その際、根の先端が千切れてしまいますが、構わず解します。
解した後、ハサミで根の長さを整えます。土の付いた根を切れば刃が傷むので、それなりのハサミが宜しいかと思います。
どの程度根を整理するかは特に決まりはありません。私の場合、作業性のことも考え、根を広げたときに新しく植え込む鉢の内径程度の長さを目安にしています。因みに、全く切らない人もいる様です。

根を整理したら乾かします。これも普通の草花と大きく異なりますね。
乾かさないで植え込むと、そこから腐敗が始まる心配があるとの事です。リスクの程度は判りませんが。

まぁ、その他の大きな理由として、根が湿っていると植えつけにくいのです。

どのくらい乾かすかは、千差万別というか、個人差があるというか。。。

半日の人から一週間、さらには1か月とか・・・

サボテンは乾かすのが目的でなく、育てるのが目的ですので、私の場合、晴天であれば24時間後には植えてしまいます。

   ・・・続く・・・

|

« サボテン-グラッシー | トップページ | Qちゃん-春の夜の夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サボテン-グラッシー | トップページ | Qちゃん-春の夜の夢 »