« 地域限定品-10Bの鉛筆 | トップページ | キクイモの季節 »

『おてしょ』・・・だめだ、通じない

『おまかせ』一品のみの和食の店へ行ったのですが・・・・

食事中に、少し汚してしまったので、

「すみません、『おてしょ』ひとついただけませんか?」

若い店員は、「・・・・・・」

 おいっ!和食の店だろう。
なんで『おてしょ』が分からないの??

で、

家に帰ってから、この顛末を息子に話したのですが、息子も『おてしょ』がよく分からんらしい!
小さい皿は、皆、「小皿」で済ませているとの事。

 

 

『おてしょ』・・・これも消え行く言葉なのかもしれませんね。 

手塩皿、お手塩などとも言われているようですが、『おてしお』と言われると、「何か違うョ!」と言いたくなりますね。

P9170007_3

田舎爺は、やはり、『おてしお』ではなく、『おてしょ』

日本語は大切に・・・と思うぞ

|

« 地域限定品-10Bの鉛筆 | トップページ | キクイモの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地域限定品-10Bの鉛筆 | トップページ | キクイモの季節 »