« 朝のウォーキング | トップページ | ニャンコの嗜好品 »

サボテン-同期生です

ともに2006年の春に播いたので、今年で三歳となります。
どちらも、ようやく蕾がついたようです。

まず、「バラ丸」です。

P1190047

属は、古い本ではペレシフォラ属ですが、Rod&Kenではツルビニカルプス属となっております。

頂上に黒く尖っているのが蕾です。標準ではピンクの花ですが、濃淡の個体差があるようなので、はたしてうちのは、どんなのが咲くかちょっと楽しみです。

バラ丸のように、やや硬質で小型種なサボテンは、成長はゆっくりなのが多いですね。三年目にして、まだ一円硬貨よりも小さいです。

次に「太白丸(たいはくまる)」です。

P1190048

こちらも属は、古くはエキノマスタス属となっていたようですが、Rod&Kenではテロカクタス属として扱われています。

こちらも蕾がついているのですが、写真では判り辛いですね。

成長は、まぁ普通でしょうか。こちらもピンクの花が咲くと思われます。

|

« 朝のウォーキング | トップページ | ニャンコの嗜好品 »

サボテン、多肉植物」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝のウォーキング | トップページ | ニャンコの嗜好品 »