« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

金柑の甘露煮

庭の金柑を使い、甘露煮を作ってみました。

Pc230027

枝に生る金柑の実です(以前に載せた写真です)
放っておくとヒヨドリにつつかれて穴だらけにされてしまいます。

店で売っているのは立派な生食向きですが、それには程遠い出来なので、何らかの加工をした方が食べ易いです。

一度に作る量としては、金柑は1kg~300g程が扱いやすいと思います。

なお、うちでは『種』や『へた』は取りません。

   ☆材料

1.金柑---今回は1kgを使いました。

2..砂糖---金柑の重さの半分の量(今回は500gです)

砂糖の種類は何でも宜しいのですが、今回は三温糖です。金柑と相性が良さそうです。

   ☆手順

 1.まず、金柑を水洗いします。

P1200051

 2.竹串などで3,4か所穴をあけます。
  煮ているときに金柑が裂けるのを防ぎ、砂糖味を良く浸みこませるのが目的です。

P1200053

  3.ほうろうの鍋に入れ多めの水で下茹でします。
   アクと油脂が出て来るのでほうろう鍋が扱いやすいです。
   沸騰後、中火で数分茹でます。
   
アクが浮いて来るので丁寧にすくい取ります。

P1200052_2

  4.冷水にさらします。
   水は濁りがとれるまで(3~4回)替えます。 

P1200056

  5.再びほうろうの鍋に入れ、ひたひたの水を入れます。
   弱火で30~40分煮込みます。
   砂糖は分量も時間も3回に分けて入れます。
   焦げ付かないように時々木の杓文字でかき回します。


P1200057

  6.金柑が透き通ってきたら出来上がりです。
   
ちょっと多めでした。あちこち配りまくらなければ^^

P1210059

  7.実もシロップもいただけます。
   冷めたら口付の瓶に入れ、冷蔵庫で保管します。

P2240010

   ・・・続く・・・

| | コメント (0)

有明の月と福寿草

日の出時刻も6時30分よりも早くなってきて、早朝ウォーキング中に日の出に逢えるようになってきました。

朝の日光浴はプチ鬱には宜しいとか。でも、どの程度の効果なのでしょうね?

もっとも、早朝ウォーキングをする位ならば、そんなの無関係かもしれませんね。

それはともかく、ここ何日かは早朝に雲が多く、なかなか下弦以降のお月様を見られません。

朝の青空に浮かぶ有明の月は特に好きなのですが、残念ながら逢えませんでした。また一ヶ月後に期待です。

みそか月も期待薄ですね。25日は朔日です。また振り出しに戻りますね。

  ☆★☆★☆★☆

庭の福寿草が気が付けば咲いておりました。一週間前には気にも留めていなかったのですが、あっという間の開花です。

野草に近い草花なので、これといった手入れをしなくても今の時期には必ず咲きますね。ありがたいです。

P2200073

毒草、それも猛毒なので、ニャンコと生活を共にしている者としては、万が一のことも考え、鉢植えにして窓辺に飾るわけには行きませんねぇ。

P2200075

| | コメント (0)

サボテン-一輪開花

マミラリア属の「glassii」と呼ばれているサボテンです。

P2150053

和名が無いようです。

花の色の濃淡や、刺の密度の違いなどによる変種、亜種が色々とあるようです。いずれも花弁がやや広く、中央に濃い条が入る花を咲かせます。

一輪咲きました。

何年もサボテンを作っていれば、毎年同じ時期に同じように花が咲くのを見て来ていますが、一期咲きのサボテンの最初の一輪が咲いた時は、かなり嬉しいです。

刺に蔽われていますが、今年も蕾がいっぱい付いているので、春の終わりまで楽しめそうです。

下は去年の開花時の写真です。満開の前ですね。

P3030061

一年で鉢を覆うほどに成長しました。

鈎刺があるので、植え替えなどで、ちょっと扱いにくいところもあります。

丈夫で姿も良く、花も綺麗、さらには、容易く群生するので、お勧めの品種ですが、ホームセンターなどでは、ほとんど見かけませんねぇ。あまり人気が無いのでしょうか?

| | コメント (0)

サクラサクかな

朝晩は、まだ寒いですが昼間は暖かな日が続いております。

桜の開花は、今年は早いのでしょうか。

P2160060

| | コメント (0)

光学式マウスの弱点はニャンコ!

最近のPCのマウスは光学式=オプティカルマウスが主流ですね。

マウスパッドが無くても使え、使い勝手は以前のボール式のに比べて格段に良くなっていますね。

埃や塵に強いとの事なので安心して使っていたのですが、
でも、最近、何となくマウスの挙動が不安定になって来たので、何でだろう?と思ってマウスを点検したら、センサ部から、何とQちゃんの体毛が・・・
P2110041

マウスを動かしている間にQちゃんの毛を拾い込んでしまった様です。
このプリズム部に『穴』があるのは致し方ないのでしょうか?
出来ればフラットな構造に改良してもらいたいものですが、如何なものでしょうね。

ニャンコと共に過している方々は、お気を付け下さいね。

P2110039

| | コメント (0)

満開のシクラメン

今日は立春です。薄曇りですが、風もなく穏やかな一日となりそうです。

以前にUPした2年目のシクラメンですが、花数も徐々に増え、満開となりました。

一年目の株と違って、あちこちから蕾が上がって来ています。葉組みするのは難しいので、放任状態です。

P2020021

Qちゃんとの2ショットを狙ったのですが、Qちゃんは窓の外が気になるようです。

| | コメント (2)

サボテン-赤花高砂ですが

マミラリア属の赤花高砂が開花です。

P1270004

高砂という銘を背負ってはいますが、大振りな、締まりの無い姿で、本来の高砂とは大違いです。

まぁ、これはこれで、大振りな種類と割り切って育てている昨今ですが、「赤花」というフレーズに釣られて手に入れた私が悪いのです。

皆様もお気を付け下さいね。

| | コメント (0)

さりげなく恵方巻

節分に恵方巻を食べる風習など、わが地方には全くありません。

わが市の広報も、編集後記で、さりげなくその事に触れていますが、まぁ、この書き方が行政としての限界なのかもしれません。業者=納税者も意識せねばなりませんから。

販売促進のために、なりふり構わず、「異文化」までも押しつける・・・

いや、関係業界にとっては節分の伝統や文化などはどうでも良いのでしょう。正月とバレンタインデーの途中の「商戦」ですから。

大豆とイワシでは利ざやが知れているので、ここ数年、恵方巻を煽って煽って煽って・・・

わが地方にはシラケムードが漂っているのに、まだ懲りない・・・

| | コメント (0)

クリスマスローズ

庭の片隅でひっそりと咲いております。

P2010015

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »