« 有明の月と福寿草 | トップページ | サボテン-バラ丸開花 »

金柑の甘露煮

庭の金柑を使い、甘露煮を作ってみました。

Pc230027

枝に生る金柑の実です(以前に載せた写真です)
放っておくとヒヨドリにつつかれて穴だらけにされてしまいます。

店で売っているのは立派な生食向きですが、それには程遠い出来なので、何らかの加工をした方が食べ易いです。

一度に作る量としては、金柑は1kg~300g程が扱いやすいと思います。

なお、うちでは『種』や『へた』は取りません。

   ☆材料

1.金柑---今回は1kgを使いました。

2..砂糖---金柑の重さの半分の量(今回は500gです)

砂糖の種類は何でも宜しいのですが、今回は三温糖です。金柑と相性が良さそうです。

   ☆手順

 1.まず、金柑を水洗いします。

P1200051

 2.竹串などで3,4か所穴をあけます。
  煮ているときに金柑が裂けるのを防ぎ、砂糖味を良く浸みこませるのが目的です。

P1200053

  3.ほうろうの鍋に入れ多めの水で下茹でします。
   アクと油脂が出て来るのでほうろう鍋が扱いやすいです。
   沸騰後、中火で数分茹でます。
   
アクが浮いて来るので丁寧にすくい取ります。

P1200052_2

  4.冷水にさらします。
   水は濁りがとれるまで(3~4回)替えます。 

P1200056

  5.再びほうろうの鍋に入れ、ひたひたの水を入れます。
   弱火で30~40分煮込みます。
   砂糖は分量も時間も3回に分けて入れます。
   焦げ付かないように時々木の杓文字でかき回します。


P1200057

  6.金柑が透き通ってきたら出来上がりです。
   
ちょっと多めでした。あちこち配りまくらなければ^^

P1210059

  7.実もシロップもいただけます。
   冷めたら口付の瓶に入れ、冷蔵庫で保管します。

P2240010

   ・・・続く・・・

|

« 有明の月と福寿草 | トップページ | サボテン-バラ丸開花 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有明の月と福寿草 | トップページ | サボテン-バラ丸開花 »