« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

サボテン 白岳丸開花です

P3160022_2

マミラリア属の白岳丸です。
2007年の春に種をまいて育ててきたので、まだ2歳前ですが開花しました。この仲間は一人前になるのが早いですね。


P3160021_2

花は、やや地味系でしょうか。

| | コメント (0)

渡良瀬橋

足利の織姫神社から見下ろした渡良瀬橋です。

松浦亜弥さんの あの『渡良瀬橋』ですnote

古都の地に伊勢物語を踏まえて、
秀麗な歌ですね^^

P3200018 


お寺は足利にあるので、墓参りなど行くには以前はこの橋を使ってましたが、上流に緑橋が出来てからは、あまり渡っておりません。
上の写真で右手が上流です。

P3200026
下流側からの眺めです。
河川敷は綺麗に整備されていて、公園や運動場があります。

P3200027
P3200029
レトロな橋ですが、名前は有名になってしまいましたね。

| | コメント (0)

サボテン-黄金司です

マミラリア属の黄金司と思います。『こがねつかさ』と読むのでしょうか?読み方が良く分かりません。

P3160018

以前は、どこのホームセンターでも見かけました。これは2005年の夏に手に入れたものです。

親指の頭ほどの一本の小苗だったのですが、今では群生株となり、ずいぶん大きくなりました。丈夫で成長が早いほうですね。

花は小輪で、刺と同系色なので咲いてもあまり目立ちません。
P3160019

このようなミニ柱状のサボテンは、冬は時々植木鉢を回して、全体に日を当てるようにしないと株の先が南へ靡いてしまいます。

| | コメント (0)

振り込め詐欺

郵便局へ行って来たのですが・・・

いつもはwifeが行くのですが、今回は都合で私が行く事となりました。
暫く行かない間に、振り込め詐欺騒ぎでずいぶん警備が物々しくなりましたね。入口に警備員が一人立っていて、ATMの前には、さらに一人の警備員が椅子に座って監視?していました。

ATMで引き出すには、当然ながら暗証番号を入力しますね。
暫くぶりの郵貯ATMなので間違っては困るのでメモして行きました。

最近は、メモは携帯のテキストメモを使っているのですが、これが迂闊でしたね。

ATMの前でメモを見て確認しようと携帯を取り出したら、何やら背後が騒がしいっす。
振り向けば、椅子に座っていたお兄さん+入口のお兄さんが何か言いたそうに近づいて来る。。

振り込め詐欺の被害者と疑われたのでしょうか。

お兄さん、ちゃいまんがな~!

記憶を頼りに暗証番号を入力して事を済ませ、早々に引き揚げましたが、

今日は厄日じゃ・・・

  

| | コメント (0)

サボテン-二つめの太白丸開花ですが

テロカクタス属の太白丸は実生で育てたので3株あります。

今年が初開花で、現在二株咲いていますが、花の色と形が、まるで別種と思われるほど違っていました。

ボディは同じ形状なのに、花にこれほどの個体差が出るとは。。

P3100011

太白丸の花の色は、基本は左の花だと思いますが、以前うちにあった太白丸の花弁は、こんなには反り返らなかった様な気がします。

| | コメント (0)

Qちゃん-寛いでおります

テーブルのイスで寛いでおります。

| | コメント (0)

金柑の甘露煮を使って

お菓子を作りました。

用意するものは、金柑の甘露煮と寒天です。

金柑はシロップを含め、2Cほど。

P2240004

寒天は粉よりも棒に拘ってみました。普通に水で戻し、2Cの水を入れた鍋にちぎって入れ、弱火で溶かします。

P2240012

金柑はシロップだけでも果肉を入れても良いのですが、今回は果肉も入れました。
裏ごし器では時間がかかるので目の細かい篩などを使って果肉を採ります。

出来た果肉入りのシロップは電子レンジで加熱してから寒天液の中に入れます。

P2240011_2

P2240013

これを型に入れて、冷めたら冷蔵庫で冷やします。

P2270018

金柑のシロップを掛けて出来上がりですが・・・

単品では彩がイマイチですね。賽の目にして果物とMIXするとかの工夫があった方が宜しいかもしれません。
金柑の香りは良いのですが、見掛けほど甘くなく、甘党の方はがっかりするような、かなり淡白な味です。

甘いのが好きな方は、火にかけているときに砂糖を思いっきりぶち込んで下さい。

| | コメント (0)

サボテン-太白丸開花

テロカクタス属の太白丸(たいはくまる)です。

P3050003

太白丸は以前うちにあったのですが、十数年前に夏の暑さで蒸れて昇天してしまいました。
姿も花も見事な品種なので、機会があればまた育てようと思っていたのですが、とある業者さんが種子で取り扱っていたので、それを手に入れ実生で育ててみました。

この株は2006年春に誕生なので、3歳弱となります。
花の直径は6cm程です。

P3050004

以前の太白丸の花の色は、もう少し濃かったような気がします。

P3050006

バラ丸との2ショットですが、花の大きさでは圧倒していますね。

| | コメント (0)

サボテン-烏羽玉開花

ロフォフォラ属の烏羽玉(うばたま)です。

P2280033_2

2005年の春に種をまいて育ててきたので、現在4歳弱となります。

P2280034

花の直径はおよそ2cmです。薄桃色の優しい色合いだと思います。

まだ休眠期から完全には覚めていないようで、ボディはしわだらけです。

この仲間のサボテンには刺がありません。
その代り、ある種の物質を体内にを持っており、それで身を守っているのだとか。

その物質ですが、メスカリンという向精神薬の一種らしく、このサボテンを大量に食べると「トリップ」出来るらしいです。


あ、わが国ではメスカリンは麻薬指定となってます。

| | コメント (0)

Qちゃん-入ります

この動作をマスターするのにQちゃんは半年ほどかかりました。

ちなみに先代ニャンコは3日で覚えました^^;

| | コメント (0)

サボテン-バラ丸開花

実生のツルビニカルプス属のバラ丸が初めて咲きました。

ベタの赤い花かな~?と思っていたのですが、白地に濃ピンクのmidstripeでした。

P2280026

花が咲くのは一人前になった証し、この大きさで親株です。

テロカクタス属の紅鷹と同居しています。

両方とも2006年生まれで両者は成長も鈍いですが、バラ丸の成長速度は一際ゆっくりです。

P2280024

バラ丸は群生し易いのですが、はたしてこの株の将来は?

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »