紅葉狩

照葉峡は群馬の北部にある、紅葉の綺麗な渓谷です。

日曜日に見物に出かけましたが、生憎の曇り空で、ちょっと残念でした。

ブナなどの黄葉が多く、鮮やかな赤色の葉は少ないのですが今が見頃ですね。大勢の人で賑わっていました。

Dsc_1989a

| | コメント (0)

帰省ラッシュ

帰省か・・・

生まれ育ったところに住んでいる者にとっては、何となく羨ましいというか・・・

限りなく首都圏内に住んでいるから、わが土地は大方の帰省者にとっては通過点に過ぎず、今の時期には「通」ぶって裏道なるものを忙しなく通る車でごった返すのが甚だ迷惑ですなぁ。無理な割り込みなどのマナーの悪いのも多い。

まぁ、そう言いながらも、うちでは骨休め的気分で今の時期には県内の温泉にぶらりと行くのが恒例となってます。

新発見は皆無に近いですけどね。

Pa


| | コメント (0)

五羽の鳩に再会

土日の高速道路の料金がETC利用で格安となりましたね。

長野までは今迄は3600円だったので、だいぶ、お得感が実感できます。

ウチからここまでは2時間弱。

以前訪れた時は平成の大修理の真只中でした。

五羽の鳩とは久しぶりの再会でした。

P8090003a 

| | コメント (0)

渡良瀬橋

足利の織姫神社から見下ろした渡良瀬橋です。

松浦亜弥さんの あの『渡良瀬橋』ですnote

古都の地に伊勢物語を踏まえて、
秀麗な歌ですね^^

P3200018 


お寺は足利にあるので、墓参りなど行くには以前はこの橋を使ってましたが、上流に緑橋が出来てからは、あまり渡っておりません。
上の写真で右手が上流です。

P3200026
下流側からの眺めです。
河川敷は綺麗に整備されていて、公園や運動場があります。

P3200027
P3200029
レトロな橋ですが、名前は有名になってしまいましたね。

| | コメント (0)

コスモス

近所のコスモス畑からの頂き物です。

毎年、今の時期には近所のあちこちでコスモスが咲いております。

休耕田を利用しての栽培なので、花が終われば耕してしまい、コスモスは肥料と化してしまいます。

その前に、日を限って集客し、刈り取らせるのを『コスモス狩り』と称し、町おこし的行事として、年々盛んに行われるようになってきました。

『コスモス狩り』というよりは『コスモス刈り』レベルの行事なのですけどね。。

ともあれ、コスモス狩りは、殆どのところが無料で出来るので、当日は大勢が鋏持参で集まります。

盛りを過ぎたコスモスに盛りを過ぎたオバン淑女達が群がっているのをよく見かけるが、我先に畑に突っ込んで行って夢中で狩り取る姿は異様。。
シチュエーションはバーゲンセールか?
なんであんなに殺気立って刈り取っているのだろうと思う。


Pa200001

肥沃な土地で育ったコスモスは、かなり立派なものです。


でも、盛りを過ぎているので、日持ちが悪いっす。

| | コメント (0)

ろうばいの郷

1月6日に行って来ました。

てっきり投稿済みと思っていたら、UPしてなかったみたいです。
最近、勘違いが多いと自分でも思います。
ちょっと疲れ気味かな~^^;

源右衛門、ろうばいで狼狽する・・・なんちゃって^^;
 最近、家でオヤジギャグは通用しません。娘どもに白い眼で見られます(泣)

気を取り直して。。
群馬県は安中市松井田に、この「ろうばいの郷」はあります。


(ウチのPCは<あんなかし>は安奈歌詞と変換されてしまう (怒) 地名ぐらいまともに出てほしいっす!)

30年ほど前から農家が遊休農地に植え始めたのが発端らしく、以後、徐々に面積も増えて今では3.2ヘクタールに1200株が植えつけられているとの事です。

最近、「まちおこし」などで遊休農地を利用したコスモス畑を、あちこちで見かけますが、それとはだいぶ趣が違います。
P1060071
コスモスはイベント終了後は鋤き込んで肥料として利用し、次の年は稲作などを行うのが専らです。それなのでコスモス畑は年々、地域内で移動していますが、ろうばいは樹木なので輪作は先ず不可能です。

思い切った転換だったと思うのですが、果樹園などにしないで、なぜ「ろうばい」になったのでしょうね。

この日は「ろうばいまつり」の初日だったので、かなりの人出でした。
青空の下、甘い香りを漂わせています。2月下旬まで楽しめるとの事です。

P1060073

黄色一色の花です。ここのろうばいは園芸種で、素心蝋梅の一種の『満月』という品種との事です。

青空があまりにも綺麗だったので、思わずパチリ!
P1060072

| | コメント (2)

小江戸へ-ぶらり旅

若かりし頃には、『川越』は仕事の都合で、何回となく、車で通過していたので、街の凡その様子は眺めて知ってはいましたが、実際にこの街を歩いた事は殆どありませんでした。

最近、娘が埼玉南部に住むようになり、何かと埼玉に行く機会も多くなったのっで、ぶらりと川越へ。。。

まずは本丸御殿の近くに駐車して、ぶらぶらと・・・
Pb240100
城下町の名残が随所に見られ、江戸の下町の風情が今も残る街です。

川越のシンボルは、『時の鐘』ですね。
Pb240105
こんなに近くで見上げたのは初めてです。
大きいのには、改めて感動モノですね。

で、別の角度からでは、
Pb240106

何時の日からか、川越は「蔵の町」として名高くなり、観光客も大挙して訪れるようになりましたが、元々が商家の蔵だったこともあり、現在も商店として活躍しているところが嬉しいですね。
Pb240107
蔵の町並みの中は車道があり、古い家並みの間を車が走っています。
ヘタに過剰な保存などしていなくて町全体が「活きて」います。

この車道から一歩中へ入ったところに「菓子屋横丁」がありますが、
Pb240111
人、人、人・・・凄い混み方です。30件近いお菓子屋さんが軒を連ねています。

「芋饅頭」「芋アイス」「芋煎餅」などなど・・・芋を使った食べ物が多いです。
いろいろと食べ歩いて、満腹となりました。

きょうは半日の行程だったので、川越の街のほんの少ししか垣間見られませんでしたが、この活気とバイタリティ、小江戸といわれる粋な気質は・・・

川越・恐るべしです(笑)

まだまだ色々と楽しませてもらえるでしょうか。
  また行きます~♪






| | コメント (4)

残雪を見に・・・

高速道路が整備され、数年前より、私の家から水上温泉までは車で1時間以内で行けるようになりました。
昔は電車を乗り継いで、さらにバスに乗り、片道4~5時間かかっていたので、ずいぶんと便利になりました。
まぁ、それなりの高速料金が必要にはなりましたが・・・

P8080153
写真は谷川岳の一の倉沢ですが、今年は猛暑の影響でしょうか、残雪が少ないですね。
でも、気温は20℃以下で下界の暑さを暫し、忘れさせてくれます。
車でここまで来られますが、ロープウェイ乗り場あたりから散策するのも良いですよ。
木陰の中を4キロほどの行程です。

今の時期は山の天気は変わりやすくて、山は拝めないと思って出かけたほうが良いでしょう。
この日も雲に遮られて
青空は見えませんでした。

| | コメント (2)

鑁阿寺 (ばんなじ)

足利市は栃木県の西端にあり、わが県の桐生市と接しています。
私の所からでは車で30分ほどの距離です。古くより栄えており、見所も多い所です。

足利学校も有名ですが、きょうは足利氏ゆかりの鑁阿寺を、ちょっと紹介。
地元では「大日様」と言われ親しまれております。

八百年前の開創との事で、本堂、鐘楼など、国指定重文が多々あります。
Img_1156 これは山門を本堂側から見ています。
逆光なので、真っ黒になってしまいました。

Img_1153 本堂です。大日如来が祀られております。
昼頃に行ったので、さすがに人影は少ないですね。
百坪ほどの大きさとの事です。

Img_1160 鐘楼の周りは緑豊かです。
庭園に面しています。

Img_1158 公孫樹です。天然記念物に指定されているとの事です。

Img_1162 山門裏手で見かけました・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)