あと一週間ほどです

田舎住いなので、歌舞伎見物は一日かかってしまいます。

それでも年に何回か観に出かけます。

今月の新橋演舞場の昼の部は河内山と直侍。

Pb170041

通し狂言なので解り易いですよ。

| | コメント (0)

テーブルフォト

ノートPCを開いて、キーボード上に学習用下敷きを置き、モニタと下敷きの「L形面」に紙を乗せ、その上に砂をスプーンで敷きます。

さらにシーガラスと貝を乗せ、照明を当てれば砂浜の出来上がり・・・かな?

Dsc_1548

| | コメント (0)

今時のサボテン環境

今年は毎晩の冷え込みが厳しいですね。

今朝は今年一番の寒さとなり、サボテン置き場の温度計も-5℃となっていました。

わが地方では冬場のマイナス気温は、当たり前ですが、今の時期にこの温度まで下がることは近年ありませんでした。

いつもは2月が最も寒いので、この先どうなるのでしょう?

P1150011

レンズに結露で、写真全体が白っぽいです。

ちなみに上の写真の最高温度+40℃は、秋の初めに記録したもので、今の時期は晴れた日には最高+25℃程です。

一日の寒暖差は30℃程ですが、サボテンの成長は最低気温次第のようで、大方のものは休眠中です。

ウチでは冬場も断水しません。成長期よりも、かなり間は開けますが、乾いたら水遣りをしています。

当然、夜間に凍る事もありますが、無加温栽培で気候に順応させる事で寒さにも強くなるようです。

あまり乾かすと春の成長が芳しくなく、かといって過保護状態にすると最悪の場合花が咲かなくなったりするので、この辺りの加減が難しいと言えば難しいかな・・・

| | コメント (0)

芙蓉

庭の芙蓉です。こちらは白花。

P7270152

こちらはピンク。共に直径15cm以上の花です。

P7260150

こんな状態で咲いています。『木』ではありません。宿根草なので地上部は冬に枯れてしまいます。

P7270160

ハイビスカスの仲間ですが、かなり以前からウチにあり古い品種なので、改良された最近のド派手な芙蓉とはだいぶ趣きが異なります。

一日花なので、夜明けに咲いて夕方には萎んでしまいます。この記事の写真は皆、朝の5時半頃の姿です。この頃が一番の見頃ですね。昼間は少し閉じ、ラッパ状になっています。

P7270155

上の写真は、咲いた後の『実』が写っています。一見つぼみですが、3番目の写真と比べると、花びらが無いので違いが分かると思います。

芙蓉は木全体が昆虫の好物です。特につぼみは柔らかいので好んで荒らされます。

P7270156

つぼみの時に昆虫の被害に遭った花です。

P7270158

| | コメント (0)

雨降り朝顔

ヒルガオとか、コヒルガオとかの名前があるようですが、わが地方での呼び名は『雨降り朝顔』でっす!

P7130140

早起きは三文の得とか^^
早朝のウォーキングで毎朝見かけておりますscissors

|

リアトリス

庭のリアトリスです。

P7050123_3

微香があり、蝶や蜂が集まる花ですね。

P6270121

突然ですが、
上の2枚の写真から、この花のちょっと変わった特徴をおっしゃって頂けますか?

その特徴を知っている人には、
スルーしていただいて^^

知らない人でも、良く見ればわかる・・・と思います。

『リアトリス』で検索すれば、すぐ答えは見つかるけれど、そんな事をしなくても、
写真をじっと見れば、じっと見れば、じっと見れば・・・

分かりましたか~~sign02

花に興味無い人にはダメっぽいけどね^^;

| | コメント (0)

サボテン 太陽

エキノケレウス属の太陽(たいよう)です。

根の具合が悪かったので、春先に思い切って胴切りをしました。

成長ののろい種類ですが、発根は順調のようです。

P6010071

P6010072_2

花の直径は10cmを超えます。良い香りがありますが、初夏の一期咲きで日持ちも悪く、1~2日で萎んでしまうので、運が悪いと花を見損なう年もあります。

| | コメント (0)

サボテン 白岳丸開花です

P3160022_2

マミラリア属の白岳丸です。
2007年の春に種をまいて育ててきたので、まだ2歳前ですが開花しました。この仲間は一人前になるのが早いですね。


P3160021_2

花は、やや地味系でしょうか。

| | コメント (0)

サボテン-黄金司です

マミラリア属の黄金司と思います。『こがねつかさ』と読むのでしょうか?読み方が良く分かりません。

P3160018

以前は、どこのホームセンターでも見かけました。これは2005年の夏に手に入れたものです。

親指の頭ほどの一本の小苗だったのですが、今では群生株となり、ずいぶん大きくなりました。丈夫で成長が早いほうですね。

花は小輪で、刺と同系色なので咲いてもあまり目立ちません。
P3160019

このようなミニ柱状のサボテンは、冬は時々植木鉢を回して、全体に日を当てるようにしないと株の先が南へ靡いてしまいます。

| | コメント (0)

サボテン-二つめの太白丸開花ですが

テロカクタス属の太白丸は実生で育てたので3株あります。

今年が初開花で、現在二株咲いていますが、花の色と形が、まるで別種と思われるほど違っていました。

ボディは同じ形状なのに、花にこれほどの個体差が出るとは。。

P3100011

太白丸の花の色は、基本は左の花だと思いますが、以前うちにあった太白丸の花弁は、こんなには反り返らなかった様な気がします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧